下駄は「かかと落とし」効果があるかも!

せっかくの在宅ワークだから
下駄で散歩してみよう♪

辻屋本店 店主 富田里枝です。
不要不急の外出は避ける。
人それぞれ捉え方は違うようで。

なぜ緊急事態なのか考えればすべきこと、してはいけないことは
わかると思うのですが…。

Stay Home !

でも、ずっと家に閉じこもっていたら心身とも健康に悪いのは当たり前。
お天気が良ければ外に出て散歩するのは必要だと思います。

人がいない場所で
ひとりで散歩。

人がたくさんいる公園、商店街やホームセンターは
やっぱりダメですよね(-_-;)

私は毎日、自宅から隅田川を渡り
約25分、川沿いを歩いて浅草の店へ。

隅田公園でジョギングする人とたまーにすれ違いますが
こんなに良い季節なのに今はほとんど人がいません。

ふだん仕事で革靴やパンプスを履いている方も、今がチャンス!
通勤しなくてよいこの機会に、下駄で歩いてみませんか?!

伝統的な日本の履物は真ん中に鼻緒が付いているから
親指からかかとへの内側重心になり、インナーマッスルが鍛えられます。
また足指が開くようになって、指の力が強くなるから血流にも良い!

かかとに程よい刺激で
骨ホルモンを作る

さらに私は最近話題の「かかと落とし」に近い効果があるのでは…
と考えています。

かかとに刺激を与えることで体全体の骨密度が上がり、
血液中の骨ホルモン(オステオカルシン)が作られ
「血糖値が下がる」
「動脈硬化の予防」
「シワ・たるみを防ぐ」
「代謝が上がる」
などの効果があるというもの。

下駄の素材である桐は固すぎず柔らかすぎず、かかとに程よい刺激がある!

こちらのお客さまは辻屋本店のご近所にお住まいで、
一年中ワンちゃんと下駄でお散歩されています。

これからの季節は素足で歩きたくなる日が増えてきますが、
肌寒い日には5本指ソックスや足袋ソックスを履いてもよいですね。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。