【履物豆知識/男性】雪駄と草履の違い

雪駄も草履の一種

辻屋本店では、つま先の底裏と表(おもて)が直接付いている草履を「雪駄」と呼んでいます。
竹皮を編んだもの(いわゆる畳表)、牛革エナメルなど、表がどのような素材であってもこのような構造の草履は「雪駄」です。
底裏と表(おもて)の間に芯が入っていれば男物でも「草履」と呼びます。

雪駄

底裏は「象皮(ぞうひ)」を使うものがほとんどです。

草履

2の5
3の7_2

芯が入り重くなるので、底裏は「クローム革」を使用する場合が多い。

クローム革

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。