定番商品

[特集]夏着物や浴衣に似合う草履、雪駄、下駄

s-20180418Tsujiya春-1247

夏の着物には、夏の履物。

絽や紗、麻、縮… 夏の着物はお洒落心をくすぐります。
せっかくの涼やかなお召し物には、履物も夏仕様で。

夏といっても、最近は5月の連休あたりから気温も上昇、
フォーマルでなければ、その時の気候や体感に合わせて
お召し物を選ぶのがよいのではないかと思います。

履物もそう。
単衣の時期も含めて、5月~9月に楽しめる履物をご提案しています。

まずは女性用の草履です。
最高級のパナマから、セミフォーマルにも対応できる絽の草履など、
夏のお出掛けシーンを足元から演出します。

[女物] ラフィア 5分3枚 重ね草履

最近人気の「ラフィア」です。
マダガスカル産の植物、ラフィアはナチュラルな風合い。
鼻緒と側面はシンプルな白。
ある程度の高さもありますので、
TPOによりますが、訪問着や付下げなどの
改まった装いにも合わせていただけます。

御注文は>>>コチラ<<<

[女物] 絽 4分3枚 重ね草履

s-IMG_1170

絽や紗の洒落着、フォーマルに対応します。
マットな白革とのシンプルなコンビネーションは
着物の色柄を選びません。

御注文は>>>コチラ<<<

[女物] 八重山鼻緒 帆布 草履

s-IMG_1152

竹富島の織物を鼻緒に仕立てました。
すでに織られていない生地なので、限定品です。
上布や縮など麻の着物や、芭蕉布や竹、科など自然素材の帯に似合いそう。
小判型の台は、帆布にコーティングしてあり、
適度なクッション性で歩きやすい仕様です。

御注文は>>>コチラ<<<

[女物]夏草履 涼風

s-IMG_1168

ナチュラルな素材感は、春と秋の軽やかな単衣に、
真夏の絽や紗、麻などの夏着物に。
底裏はスニーカーのような素材で滑りづらく、
適度なクッション性もあるので、歩きやすくて疲れづらい草履です。
グレー、空色の2色展開。

御注文は>>>コチラ<<<

<消炭色>
<浅縹>

[女物]パナマ 5分3枚 革巻き 重ね草履

s-IMG_1172

パナマのお草履は、夏のおしゃれの定番。
高級素材ですが、それだけの価値はあります。
白革との組み合わせで、セミフォーマルまでOK!
鼻緒の裏には足当たりの良い本天を使用しています。

サイズはS、M、Lがございます。

御注文は>>>コチラ<<< 

[女物]パナマ 草履

そしてこちらもパナマのお草履。
こちらは、巻き(横の部分)と鼻緒にもパナマを使用したお草履。
高級素材を贅沢に使用しており、色のトーンも統一感がある印象です。
重ねの物よりも少し低めで軽いのも特徴です。
鼻緒の裏には足当たりの良い本天を使用しています

サイズはM、Lがございます。

御注文は>>>コチラ<<< 

下駄は胡麻竹。
ようやく安定した仕入れができるようになり価格も安定しましたが、
貴重な職人の手仕事には変わりありません。

 【女物】胡麻竹舟形下駄

草履型なので、よそゆきになります。
ここぞ!という夏のおしゃれに。
コーディネートに合わせやすい麻の無地の鼻緒です。

御注文は>>>コチラ<<<

【女物】胡麻竹芳町下駄

EL2671-L-特集

浴衣姿に差をつけたいなら、ぜひこちらを!
すっきりした芳町下駄は、江戸っ子好み。

御注文は>>>コチラ<<<

[女物]胡麻竹 千両下駄

すっきり粋な縞の鼻緒が江戸好み。

千両下駄は、駒下駄とはまた違った趣きですが、潔いデザイン。

小千谷縮のシャリっとした麻の質感も暑い季節にぴったりです。

御注文は>>>コチラ<<<

そして、ここから男性用の草履です。
最高級のパナマや籐表から、胡麻竹の下駄まで
夏の男性の装いを一段上げてくれる足元をご紹介します。

s-20180418Tsujiya春-1205

男性も、小千谷縮や上布などの涼やかな着物姿は、魅力が5割増し!
足元にこだわる方は、女性より多いかもしれません。

[男物]籐網代 雪駄

まずは、籐を網代に編んだ雪駄です。
昔から籠など日用品に使われている籐素材は、水に強く丈夫です。
素足で履いても、足袋を履いても、足裏の感触がとにかく心地よい!

本印伝革 灰色の御注文は

>>>コチラ<<<

牛本天革無地 草色の御注文は

>>>コチラ<<<

ホースヘア 茶混の御注文は

>>>コチラ<<<

[男物]本パナマ 草履

夏の最高級素材、パナマのお草履。

草履用のパナマ表を専門に編む職人が
ほとんどいなくなってしまいました。
特に男性のパナマ草履は稀少品となってきており、
価格も年々上昇しています。

御注文は>>>コチラ<<<

 [男物]籐表 雪駄

和装人、垂涎の籐表の雪駄。
少しお求めやすくなりました。
「いつかは…」と考えていたら、この機会に是非。
鼻緒には、極上の鹿革を使った細縞をはじめ、渋さのある色合いの無地、はたまた昭和の任侠映画に出てきそうな細仕立ての蛇革鼻緒など多彩にご用意。

鹿革細縞 鼻緒 御注文は

>>>コチラ<<<

牛本天革無地 芥子色 御注文は

>>>コチラ<<<

牛本天革無地 濃灰色 御注文は

>>>コチラ<<<

蛇革 細鼻緒 御注文は

>>>コチラ<<<

 [男物]エイ革 雪駄

ビーズを敷き詰めたような独特のテクスチュアが根強い人気の“エイ”。
幸運の魚<ラッキーフィッシュ>にあやかって、足元からハッピーに!

御注文は>>>コチラ<<<

下駄は胡麻竹。
男性の下駄も足触りの良い胡麻竹下駄がおすすめです。

[男物]胡麻竹 駒下駄

ひんやりした感触が心地よく、見た目も涼し気。
ここぞ!という夏のおしゃれに、
涼感を呼ぶ胡麻竹下駄、基本の駒下駄はすっきりと見えるデザインです。

麻無地 焦げ茶 御注文は

>>>コチラ<<<

麻 小千谷縮 縞 御注文は

>>>コチラ<<<

縮緬 縞 御注文は

>>>コチラ<<<

【男物】胡麻竹三味角下駄

いよいよ待ちに待った入荷!

きりっと角の立った三味角下駄は、辻屋本店らしい逸品。

すっきり爽やかな鼻緒は、ユニセックスに女性でもお使いいただける印象。

男性サイズ 御注文は>>>コチラ<<<

女性サイズ 御注文は>>>コチラ<<<

[男物]胡麻竹 右近下駄

足元安心の胡麻竹右近下駄。
夏は夜の外出が多くなったり、イベントも花火など足元が不安な場所も。

安心してお出かけするには、裏がゴム加工された右近下駄も選択の一つです。

御注文は>>>コチラ<<<

以上、夏の履物特集いかがでしたでしょうか?
最近は、暑い季節が長くなってきた事を踏まえて、柔軟な考えでお着物を選ぶ傾向もあるようです。

夏の履物も段々と活躍する時期が長くなってきそうですね。

特集一覧