【履物豆知識】雪駄のお手入れ

「畳表の雪駄」のお手入れは…?

 

 

setta-thumb

 

履いた後にきちんとお手入れをすれば、竹皮の表(おもて)は使い込むほどにいい色になっていきます。
決してお安いものではないので、正しい知識を持って長くご愛用いただきたいものです。

 

 

水に濡らすのは厳禁

 

「南部表」「野崎表」など一般的に畳表と呼ばれる表は、竹皮を細く割いて編み、蒸して圧縮しています。
そのため水に濡れるのが、いちばんの大敵。
水気を含むと膨張して元に戻らなくなります。

 

 

雨が降ったらどうするの?

 

辻屋では冗談でお客さまに「雨が降ってきたら、裸足になってください」と言っておりますが、どんなに良い南部表でも濡れたら台無し。
雨が降りそうな天気の日は畳表の雪駄は避ける、もしくは履き替えの下駄やウレタン草履を持ってお出かけになることをおすすめします。

 

 

履いた後のお手入れは?

 

風通しの良い場所で陰干ししてください。
濡れた地面を歩いた後でしたら、底裏も乾くように立てかけて陰干しするのをおすすめします。
保管は紙製の箱に入れて下駄箱へ。乾燥剤などは入れないほうがよいです。
湿気の多い場所だとカビがはえることがあるので気を付けてください。
汚れが目立ったら、畳の目に沿って消しゴムでこすると多少はきれいになります。
酢で汚れを落とすのがよいというのは間違い。竹皮を痛めるおそれがあるのでやめましょう。

 

 

踵が減ったら新しい踵に替える

 

使ううちに踵が減ってきますので、底裏の革まで浸食しないうちに、新しい踵に取り換えてください。
雪駄はつっかけて歩くので、想像以上に踵が減るのは早いです。
マメにチェックして、そろそろ…と思ったら交換時期。
辻屋本店では、当店の雪駄でしたら1080円で新しい踵にお取替えいたします。

 

野崎踵

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。