はきもの供養

不要になった草履や下駄は、捨てるに捨てられず困っているという声をよく聞きます。
「小さくなった」「古くなった」「おばあちゃん、お母さんが遺したもの」など、下駄箱に眠っている「はきもの」はありませんか?

 

 

IMG_7930[1]

 

職人が常駐している当店には、履物の修理もかなりの数が持ち込まれますが、サイズが合わなかったり、劣化がひどくて修理不可能なものもあります。
しかしながら身内が愛用していた履物は捨てるに捨てられない、という声をお客様からよく聞きます。
辻屋本店では代々氏子である浅草神社様に、2017年より「はきもの供養」をお願いしております。
皆さまの不要になった草履や下駄をお祓いしていただく神事です。

 

IMG_7947[1]

 

浅草神社様には「はきもの供養」のために特別な祝詞をあげていただきます。
これまで2回、皆さまから持ち込まれたたくさんの履物が供養されました。

 

_1260008

_1260012

 


静謐な社殿で正式参拝をしていただき、ご参加の皆さまも貴重な体験ができたとたいへん喜んでくださいました。
中には、亡くなったお母さんの思い出のある草履をどうしても捨てられなかったけれど、こういった供養ができるのは本当にありがたいです、と涙をこぼして感謝してくださる方もいらっしゃいました。

 

IMG_7939[1]

IMG_7932[1]

 

この機会に、古くなり不要になった履物に感謝しながら気持ちよく手放し、すっきりして新年を迎えましょう!

 

P1250354_m

 

供養したい草履や下駄は2019年1月26日(土)に浅草神社様でまとめて御祈祷していただきます。
はきものお持ち込みの際に、おひとりにつき玉串料500円をお預かりいたします。(5足まででお願いいたします)
なお辻屋本店より心ばかりの御礼として、500円分の辻屋商品券を差し上げます。

「はきもの供養」は本殿(重要文化財)での正式参拝です。
私共にお任せくださっても結構ですが、めったにない機会ですので、ぜひ当日のご祈祷にもご参加ください!

 

IMG_7430-

 

 

[詳細]

■供養してもらいたい草履・下駄の受付期間
 2018年12月17日(月)~2019年1月25日(金)

 

■はきもの受付場所

 辻屋本店(台東区浅草1-36-8 伝法院通り)

 ※持ち込める履物:5点まで(玉串料:おひとり500円)
※ご遠方のかたはお送りいただくことも可能です(送料はご負担ください)。
送られる場合は詳細をお問合せください
→ mail: webmaster@tsujiya.jp /  tel: 03-3844-1321

 

 

■「はきもの供養」   2019年1月26日(土) 午前11時~御祈祷

 浅草神社の正式参拝に参加のお申し込みはメール、電話でお願いします。
(不要なはきものお持ち込みだけの場合はお申込み不要です)

   mail: webmaster@tsujiya.jp
   tel: 03-3844-1321

 ※10時45分までに辻屋本店に集合
 ※ご祈祷に参加されるかたは、玉串料1000円をお納めいただきます

浅草神社公式HP   http://www.asakusajinja.jp/asakusajinja/

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。