若き落語家の才能を見抜く!落語弁天・飯田ひとみさんと一緒に「落語の名所 浴衣で隅田川散歩」

募集人数に達しましたのでキャンセル待ちとさせていただきます

浅草から蔵前、そして隅田川沿いには、古典落語に登場する場所が数多くあります。
夏の夕方、涼しい川風を感じながら落語に所縁がある場所をたどり、浴衣で楽しくお散歩しましょう!
ナビゲーターは落語プロデューサーの飯田ひとみさん。
若手落語家の才能を見抜き、数々の落語界を企画する席亭として大活躍されています。

一之輔師匠、文菊師匠… 次々と人気落語家に!

まだ前座や二つ目の頃に飯田さんが見出した落語家が、何年か経つと売れっ子になってゆく・・・春風亭一之輔さん、古今亭文菊さんなど、今やチケット入手困難な人気者になった例はたくさんあります。

若手だけでなく柳家さん喬師匠、笑福亭鶴瓶師匠、桂文治師匠など大御所からも信頼され、可愛がられている飯田さん。

一緒にいると運気がUPしていく飯田ひとみさんは、まるで弁天様のよう♪ということで、この度「落語弁天」と名付けさせていただきました!

「若手落語家のどこを見ている?」「落語プロデューサーが語る舞台裏話」「あの師匠のここが好き!」など飯田さんしか語れない、あれやこれやを聞いてみましょう♪

飯田ひとみ
京都造形芸術大学・文化学院卒業。企業PR館の学芸員を経て、落語のプロデュース活動を始める。演芸・落語の企画運営会社 オフィス マツバ代表。十一代桂文治襲名披露公演をはじめ、ホール落語会のあだち落語会なども企画開催。

2010年東京芸術大学の彫刻と落語のコラボレーション企画、彫刻アートプロジェクト「時空の街」の落語会(65回文化庁参加公演)や歌舞伎座 3階「花篭」での「江戸落語を食べる会」の落語会もプロデュース。
オフィスマツバ公式ホームページ https://office-matsuba.net/

浅草から蔵前へ向かう道筋が舞台となる落語

浅草近辺は、落語に出てくる場所が多々ありますが、今回お散歩するのは浅草~蔵前。
蔵前は、倉庫や古いビルをリノベーションしてカフェや雑貨店が次々オープンし「東京のブルックリン」と呼ばれている今、注目のエリアです。
江戸の古典落語には、この辺りが舞台となる噺がいくつもあるんです。

■雷門前

《粗忽長屋》

ある日、浅草観音様に参った八五郎が雷門の前に来ると行き倒れを囲んで人だかりが。顔を見た八五郎、同じ長屋の熊五郎だと言い張り…。

■吾妻橋

《文七元結》

左官の長兵衛が博打で借金をつくり、娘のお久が吉原遊郭へ身を売って手にした五十両。帰り道、吾妻橋で若い男が飛び降りようとしていて…。

■首尾の松

《あくび指南》

ある若い衆、友達に頼み込んで「あくび指南所」の門を叩いた。夏のあくびの稽古というのが「隅田川の首尾の松辺りで、もやった船で船頭と二人っきり。タバコに火を付けて…」

■蔵前神社

《阿武松(おおのまつ)》

能登から相撲取りを目指して江戸に出て来た長吉、武隈(たけくま)文右衛門の弟子になるが、大飯ぐらいで破門になり、故郷へ帰る途中に…。

《元犬(もといぬ)》

蔵前八幡神社の境内に、みんなから可愛がられている犬のシロ。人間に生まれ変わりたいと八幡様に願掛けをして…。

浴衣で隅田川散歩コース

全行程、約3㎞くらいです。
休憩を入れながら、ゆっくりお散歩しますのでご安心ください。
※暑い時期ですので、気温や天候によっては途中ショートカットするかもしれません。

吾妻橋から隅田川テラス(散歩道)を川風を感じながら歩きます。
厩橋の近くカフェ『シエロイリオ』で休憩。

また隅田川テラスを歩いて蔵前橋、首尾の松。
少し街を歩いて、お洒落な雑貨店などが入るレトロなビルを見学。

ゴールは蔵前神社。
ひとみさんが親しくされている神社さんです。

そして最後は川沿いのレストラン『ボン花火』のテラスで打ち上げ!

【浴衣で隅田川散歩*落語編】

日程:2022年7月23日(土)
集合時間と場所:午後3時 辻屋本店に集合
参加費:2000円(打ち上げ代別)
歩くコース: 辻屋本店~吾妻橋~隅田川テラス~蔵前神社

打ち上げ:『ボン花火』飲み放題お一人5,000円
解散時間:午後8時(予定)

募集人数:7名

募集人数に達しましたのでキャンセル待ちとさせていただきます

お申込みはこちらへ → ✉ webmaster@tsujiya.jp
〇お名前 〇携帯番号 〇住所 〇参加人数 をご記入の上、
件名は「浴衣で隅田川散歩」参加申込 としてお送りください。
参加費のお振込先等を返信させていただきます。

※雨天開催ですが豪雨などの場合は中止することもあります。
※全行程で約3㎞歩きますので、脚に不安がある方はご遠慮ください。
※歩きやすい和装履物のご相談、お持ちの履物の修理などは、事前に辻屋本店までご連絡ください。辻屋本店の商品以外の修理も承ります。

関連記事

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。