下駄屋.jp 特集

初めての草履あつらえ指南

お好きな台の形、高さ、革の色を選んで

自分だけの一足をつくることができます!

 

 

s-IMG_4208

 

辻屋本店では、お客さまの足に合わせて、草履の鼻緒をぴったり挿げるだけでなく、
草履そのものをおあつらえすることもできます。
台の幅、高さ、台と鼻緒の色選びなど、
お好みの一足を気軽にオーダーメイドできるのは履物専門店ならでは。
着物専門誌で着こなし記事や染織家へのインタビュー記事を多数取材、執筆している
西端真矢さんに、おあつらえ体験をしていただきました。

 

s-IMG_4230

 

 

1.台の形を選ぶ

 

台には「舟型」と「小判型」があります。
東京では草履はすっきりと見える「舟型」がずっと主流でしたが、
最近は「小判型」を好む人もいらっしゃいます。

 

CIMG3793-300x225[1]

 

「小判型」は幅が広くて歩きやすいと思っているかたも少なくありませんが、
履き心地や歩きやすさは、舟型とさほど変わりません。

ぽってりして可愛らしい雰囲気の「小判型」か、
すっきり粋な感じの「舟型」か、見た目のお好みで決めてください。

 

[舟型を履いたようす]
fune

 

 

[小判型を履いたようす]
koban

 

 

 

2.台の高さを決める

 

草履は台の高さがあるほど、フォーマル度が上がるといわれていますが、
あまりこだわることはありません。
たとえば訪問着+袋帯に低い草履だとバランスがよろしくないこともあるので
ある程度の高さがあったほうが着姿がきれいに見えるかもしれません。
でもフォーマルだからといって足が悪いとか、背が高いのを気にされているという人が、
無理に高い草履を履くことはないでしょう。
おしゃれ着やふだん履きには、4~6cmくらいの草履が一般的ですが、好みや背の高さなどによって、
お好みで選んでください。
また段の数は単なるデザインで、段数と着物の格は関係ありません。

 

CIMG3799-300x225[1]

 

[1段の台]

s-IMG_4221

 

[3段の台]

s-IMG_4223

 

[4段の台]

s-IMG_4226

 

 

3.台と鼻緒の革の色を選ぶ

 

革見本から、お好みの色を選びます。
最初の一足は、白・淡黄・薄桜・薄藤など淡い色がおすすめ。
というのは、おしゃれ着の小紋や紬から、訪問着や付下げなどセミフォーマルにも対応できるから。
濃い色の台は紬などに合わせると、着慣れた感じになります。
鼻緒は台と同じ色を選べば、いろいろな着物に合わせられますが、
あえて違う色にしても個性を出すのもあつらえの楽しみです。

 

s-IMG_4194

 

 

 

3.前坪の色を選ぶ

 

鼻緒の親指と人差し指で挟む部分を「前坪」と呼びます。
着物の裾から覗く前坪は小さな部分ですが、意外とコーディネートに影響があります。
鼻緒と同色にすれば統一感が出ますし、違う色に替えると着こなしのポイントに。
赤系が一般的ですが、帯締めなど小物に合わせるなど、選びかたはセンス次第。
また赤系でも朱色に近い赤は若々しく、臙脂色に近い赤は落ち着いた雰囲気になります。

 

s-IMG_4202

 

 

 

4.仕上がり

 

通常は約1ヶ月程で、おあつらえ草履が出来上がります。
(年末年始、お盆などが入ると、もう少しかかります)

 

s-IMG_4571

 

真矢さんがあつらえた草履はこちら。
1段で約5センチの程よい高さ。
台はクリーム色のエナメル革を選びました。
鼻緒はつや消しの白に、台と同色の革を中央にすっと入れた<一文字>と呼ぶデザイン。
前坪も台と同色を配し、すっきりしていながらも柔らかな雰囲気の一足が出来上がりました。

 

s-IMG_4578

s-IMG_4582

 

 

足の甲の高さ、幅、指の長さ、歩き方などを見ながら、辻屋本店の職人が鼻緒を調整します。
履きやすく疲れない草履は、鼻緒の挿げしだい。
「履いているうちに痛くなくなる」とおっしゃるお客さまがいらっしゃいますが、それは間違い。
最初の時点で痛くないように調整するのが肝心です。

s-IMG_4559

s-IMG_E4545

鼻緒が緩んでくると、草履が重く感じたり、さらには転んだりする危険もあります。
昔は鼻緒の紐は麻100%だったので、すぐに緩むことはなかったのですが、現在使われている紐はナイロン混がほとんど。
そのためきっちり挿げても、どうしても伸びて緩んでしまうのです。
歩きづらくなってきたなと感じたら、その場で鼻緒を再調整できますので、ご相談ください(無料)。

 

s-IMG_4566

 

今回、体験していただいた真矢さんは、靴のサイズで22cmなので、草履はSサイズ。
店内に展示している商品がМのみの場合でも、お時間をいただければ他のサイズをお作りすることができます。
小さいサイズはもちろん、L・LLといった大きいサイズも対応できます。

 

草履の台から少しかかとがはみ出るくらいが正しいサイズ選びです。
どれくらいはみ出させるかはお好みですが、1~1.5cmくらいが歩きやすいと思います。
靴の場合は足全体を覆うので、例えば24cmの靴を履いていても、甲が高い足と低い足では草履のサイズが違ってくるかもしれません。
辻屋本店ではお客さまの足の形を見せていただき、正しいサイズ選びをアドバイスさせていただきます。

 

お値段に関しても、おあつらえだからといって高くなることはありません。
価格の違いは、サイズ・段数・素材によります。
ご予算や用途などに合わせて、ベストな一足をおあつらえ承りますので、お気軽にご相談ください!
(おあつらえ担当:富田里枝・辻正恵)

mail :  webmaster@tsujiya.jp
tel : 03-3844-1321

 



  • 何にでも合う「かさね」シリーズ、
    晴雨兼用「てりふりぞをり」、
    低反発素材「ふくら」シリーズなど

    浅草辻屋本店 女物売れ筋
    定番商品はコチラ



    高級車の乗り心地「SiBON草履」、
    贅沢の極み「ホースヘア雪駄」、
    リーズナブルな「野崎表雪駄」、
    男の自慢「南部表雪駄」など

    浅草辻屋本店 男物売れ筋
    定番商品はコチラ




  • [女物]辻屋好み「江戸彩~edoiro~〈鳩羽ねず〉」(M)

    [女物]辻屋好み「江戸彩~edoiro~〈鳩羽ねず〉」(M)

    柔らかな色ながらも、ピリッと引き締まるデザイン

    ¥33,500

    Ladies草履

    【男物】胡麻竹 駒下駄(L)

    【男物】胡麻竹 駒下駄(L)

    さらりとした履き心地 夏の風物

    ¥16,800

    Men’s下駄

    [女物]寸丸草履M・L

    [女物]寸丸草履M・L

    渋かわいい濃いめのグレー

    ¥11,000

    Ladies草履

    [女物]あったか 防寒草履(M)<ヘリンボーン>

    [女物]あったか 防寒草履(M) <ヘリンボーン>

    秋冬の定番 ヘンリボーン♪

    ¥24,000

    Ladies草履

    [女物]茶竹表 消し塗り右近下駄(M)

    [女物]茶竹表 消し塗り右近下駄(M)

    「ホンモノの天鵞絨」で仕立てた鼻緒

    ¥17,700

    Ladies下駄

    [男物]茶竹 野崎表 雪駄(M)

    [男物]茶竹 野崎表 雪駄(M)

    中間色の茶竹表は、定番色です

    ¥26,500

    Men’s雪駄 草履

    [男物]辻屋好み「江戸彩~edoiro~〈鳶茶〉」(L)

    [男物]辻屋好み「江戸彩~edoiro~〈鳶茶〉」(L)

    年齢を問わず、着物の色にも合わせやすい

    ¥30,000

    Men’s雪駄 草履

    [女物]牛革エナメル 友禅レリーフ 重ね草履(M)

    [女物]牛革エナメル 友禅レリーフ 重ね草履(M)

    『筒描き技法』伝統技術の結晶

    ¥47,500

    Ladies草履

    [女物]絽 5分3枚 重ね草履(F)

    [女物]絽 5分3枚 重ね草履(F)

    程よい高さの夏草履

    ¥31,000

    Ladies草履

    [男物]鮫革 雪駄(L)

    [男物]鮫革  雪駄(L)

    珍しい鮫革の雪駄です

    ¥35,000

    Men’s雪駄 草履

    [女物]黒塗り 右近下駄(M)

    [女物]黒塗り 右近下駄(M)

    下駄初心者も安心の右近下駄

    ¥7,000

    Ladies下駄

    [女物]ゆったり爪革 雨草履(F)

    [女物]ゆったり爪革 雨草履(F)

    真紅の雨草履が雨の日の足元を明るく

    ¥16,500

    Ladies草履