祝移転5周年★秘密の下駄屋barでふるまい酒

辻屋本店は伝法院通りに移転、リニューアルして12月17日に5周年を迎えます。
記念の日と翌日、日頃の感謝を込めて【秘密の下駄屋bar】をオープン!
お向かいの「窖」さんからおいしいお酒を仕入れてお振舞いします♪
もちろん入場無料、おつまみ持ち込み歓迎!
浅草寺で開催される師走の風物詩、「歳の市(羽子板市)」のお帰りに、
お気軽にお立ち寄りください。

 

 

◆振る舞い酒@秘密の下駄屋bar

〇日時 2019年12月17日(火)、18日(水) 16:00~19:00
〇会場 辻屋本店内 下駄屋bar
〇会費 無料

 

☆同時開催☆

「吾輩は猫である」小河知夏劇場

 

2019年12月17日(火)
11:30~ / 14:00~ 2回公演 
※各1時間半程度の予定
14:00の回は満席となりました

木戸銭 1500円(ワンドリンク&税込み)
※下駄屋barは無料ですが、小河知夏劇場をご覧になる方は当日、木戸銭をお支払いください。

 

今年最後の観音さまのご縁日「納めの観音」
一年の締めくくりのお参りに

「浅草 歳の市(羽子板市)」

江戸時代中期、12月17・18日に新年を迎えるための正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり「歳の市」と呼ばれ、大変賑わったといいます。
中でも押絵羽子板は人気商品で、人々は贔屓役者の姿を写した羽子板を競って買い求めました。そのため「羽子板市」とも呼ばれます。
浅草歳の市公式HP http://asakusa-toshinoichi.com/

 

予告!!

ゴミで捨てるに忍びない大事な古履き物は
供養してからお別れしましょう!

今年も浅草神社様にご協力いただき「はきもの供養」をさせていただきます。
昨年は新聞、テレビなどメディアも取り上げられ、
100足以上の下駄や草履を供養していただきました。
12月17日より受付開始いたしますので、
ご希望のかたは辻屋本店までお持ち込みください。
下駄・草履など1点につきお預かり料500円です。
なお「はきもの供養」の日程など詳細につきましては、
後日ホームページなどでお知らせいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。