スタイル

着物で、旅に出る。

最近、着物で1泊以上の旅に出るかたが

増えてきているようです。
京都や奈良、金沢そして浅草…
お気に入りの着物で歩いたら、きっと楽しい!

そんなときの履物は?
痛くならないのはもちろん、たくさん歩くことや、
急な雨など天候の変化を考えて、

今回の特集では、軽くて疲れない、濡れても心配ない下駄をご紹介します。

泊りがけでなくても日帰り旅や、
ショッピングや街歩き、美術館めぐりなどにも
どこまでも歩けそうな心強い一足です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

*****************************************************************************************

*サイズについて*

靴のサイズとの対応は以下のとおりです。
それぞれの商品の他サイズがご希望の場合はお問い合わせください。
(問い合わせ先:webmaster@tsujiya.jp

<女物>
22.5~24.0センチ … M
24.0~25.0センチ … L
25.0センチ~   … LL

<男物>
24.0~25.5センチ … M
25.5~27.0センチ … L
27.0センチ~   … LL

*****************************************************************************************

まずは、女性用。

いくら歩いても疲れない!?どこまでも歩けそうな下駄 

[女物]レザー表(おもて) 右近下駄(M)EL2640-M

s-IMG_3309

クッション性抜群な素材を天面に張り込んだ、
ソフトな履き心地の下駄。
桐素材の軽さと、足当たりの良さを兼ね備え、
「いくら歩いても疲れない」と評判の下駄です。

程よい高さ、ゆるやかな傾斜で歩きやすさもバッチリです。
鼻緒は黒と臙脂色の市松模様。
ホースヘア素材なので、耐久性もあって丈夫です。

 カジュアル・コーデにシルバーメッシュ!こんなおしゃれな下駄が!

[女物]レザー表(おもて) 右近下駄(L)EL2641-L

s-IMG_3313

シルバーのメッシュが超クール!
カジュアル・コーディネートの足元にぴったり。
メッシュの内側にはクッション性抜群な素材を張り込み
履き心地良さは抜群です。
鼻緒はアルロン素材なので、少々濡れても平気!。

 外出先での急な雨も問題ない!雨の日の着物に強い味方

[女物]黒消し塗り 舟形下駄(M)EL2642-M

s-IMG_3311

外出先での急な雨に「履いててよかった!」の一足。
雨降りとわかっていれば、爪皮付きの雨草履か雨下駄を履きますが、
どっちつかずのお天気は履物に困る、という声にお応えしました。

塗りの台、アルロン素材の鼻緒なので濡れても大丈夫。
もちろん天気の良い日も大活躍まちがいなしのモノトーン。
つや消しの黒塗り舟形は、黒の草履感覚でコーディネートできます。
桐素材だから、この高さでも驚くほど軽い!。

 フェイク・スネーク&塗り下駄で、少々濡れてもOK!

[女物]黒消し塗り 三味角 舟形下駄(M)EL2568-M

s-IMG_3312

フェイク・スネークの鼻緒が目を惹きます!
黒消し塗りの角ばった台で、ちょっぴり粋がった一足。
不安定なお天気の日に着物でお出掛けするとき、
草履を履くのは心配です。
かといって最初から雨用の草履を履いて出るのは億劫です。

そんな日には、塗り下駄がオススメ!
舟形下駄は草履感覚でコーディネートできますし、
少々濡れても大丈夫。
鼻緒も合皮素材なら多少の雨には負けません♪

 ここからは、男性用。

 ソフトな履き心地が抜群!下駄の固さをクリア

[男物]レザー表(おもて) 右近下駄(L)EM1328-L

s-IMG_3319

クッション性抜群な素材を天面に張り込んだ、
ソフトな履き心地の下駄。
シルバー系の台と鼻緒は、光沢感もあり都会的な印象です。

脱いでも自慢の一足に!品よくまとめたい和装コーデ

[男物]ホースヘア表(おもて) 焼き右近下駄(L)EM1332-L

s-IMG_3326

普通の右近下駄より、ちょっとグレードアップした一足。
上品な薄いグレーのホースヘアを天面に貼ってあります。
クッション性もあり、足裏の感触がソフト。
なにより桐素材の軽さが快適です。
台は焼き加工しているので、汚れも目立ちません。

深く鮮やかな藍。これぞ和装の魅力

[男物]ホースヘア表(おもて) 焼き右近下駄(L)EM1333-L

s-IMG_3376

足を乗せる部分は履いてしまえば見えない、と思われるかもしれませんが、
つま先からちょっと覗く部分が、意外と目立つものです。
こんなにきれいなブルーが着物の裾から少しだけ見えるのは、
着姿全体のポイントとなります。
これぞ和装のおしゃれともいえるでしょう。

特集一覧