[男物] 津軽-Tsugaru-(L)

¥55,000(税別)

[男物] 津軽-Tsugaru-(L)

特選の津軽塗下駄、入荷いたしました。

『津軽塗』
津軽地方で生産される伝統漆器の総称とされる。
津軽塗という言葉が生まれたのは明治六年(1873年)、ウィーン万国博覧会に漆器を展示することとなった際、その産地を明らかにするため名付けられたことからと言われている。むろん、津軽地方における漆器産業としての伝統はさらに古く、江戸時代中期にさかのぼることができる。
また、津軽塗は青森県唯一の、経済産業大臣指定伝統工芸品でもある。
津軽塗の特徴は、堅牢で実用性に富んでいると同時に、非常に優美な外見を持つ、というところにある。津軽塗で用いられる「研ぎ出し変わり塗り」という技法は、幾重にも塗り重ねた漆を平滑に研ぎ出して模様を表す方法である。この繰り返しに数十回の工程、二か月以上の日数を費やすことで、複雑で美しい漆模様と、頑丈でしっかりした触感が得られるのだと言える。
(引用元:青森県漆器協同組合連合会より)

こうした確かな技術をバックボーンに持つ津軽塗の職人さんに、工業的ではなく作品として好きなように仕上げていただいた下駄です。
一目見ていただいただけでも、その独自性、唯一無二の感性を感じ取っていただけるかと思います。

あまり多くは語りません。この作品を各々で感じ取っていただければと思います。

Don’t think. Feel !

◆台:杉 津軽塗
◆鼻緒:幾何学柄
◆サイズ:L 25.5~27.0cm
◆高さ:3.5cm

◆商品コード:EM1558

Lサイズ

販売価格
¥55,000(税別)

数量

在庫 : 在庫有り